So-net無料ブログ作成

エルミタージュ☆可憐なサスキア [海外旅行]

レンブラント「フローラに扮したサスキア.jpg

現地のロシア人ガイドによると、
エルミタージュで一番人気のある絵画は、
レンブラントの「放蕩息子の帰還」だそうである。
しかし、わたしは「フローラに扮したサスキア」がよかった。
どんな画集で見たものよりも美しく、可憐で溜息がでた。

「放蕩息子の帰還」は、大きな絵だったが、
おおぜいの人々の頭ごしにしか見られない。

ゴヤ「」アントニア・サラテの肖像.jpg
これは、ゴヤの「アントニア・サラテの肖像」

カナレット「ヴェネチアにおけるフランス大使のレセプション.jpg
そして、カレットの「ヴェネチアにおけるフランス大使のレセプション」
大作である。

時計「孔雀座」.jpg

以前にテレビの世界遺産で見たことのある仕掛け時計「孔雀座」

木のモザイク.jpg

そしてテーブルのモザイク。
床にもこんな美しいモザイクがなされている。

床のモザイク模様.jpg

エルミタージュ美術館には、有名な絵画がどっさりあって、
ええ、ここにこれもあったの!
という感じで興奮のしっぱなしである。


nice!(13)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 13

コメント 1

miyoko

ぜひ、行って、みてみたいです♪
憧れの美術館です♪
by miyoko (2009-10-07 19:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。